Blog

男性

ニキビと一口に言っても、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビなどいくつかに分類できます。

また、種類によって対処の仕方も異なるので、自分のニキビがどのタイプで、どんな処置が適切なのかを知ることが大事です。

「白ニキビ」は初期段階のニキビで、症状的にも軽く適切な対処をすればニキビ跡が残らずに済みます。

毛穴が皮脂や古い角質で塞がれ、詰まったままの皮脂などが毛穴の外に出られず白く透けて見える状態にあるので白ニキビと呼ばれています。

「黒ニキビ」もまだまだ改善の余地ありの段階と言えるニキビです。

毛穴に詰まった皮脂が徐々に盛り上がって毛穴を開くと、その部分が外気に触れることで酸化してできるのが黒ニキビです。

鼻先にできやすく、毛穴が黒ずんで見えることから黒ニキビと呼ばれていますが、無理矢理角栓を押し出して取り除くと、開いた毛穴に細菌が入って悪化することもあります。

いずれも無理に潰したりせず、こまめに洗顔して正しい処置を行うことで改善されるでしょう。

「赤ニキビ」は、元の肌のように改善できる可能性が低い、重度のレベルのニキビです。

初期の白ニキビや黒ニキビの段階で、毛穴の皮脂を栄養にしたニキビ菌が繁殖し、赤く腫れたように炎症を起こしている状態です。

いきなり赤ニキビができるわけではないので、手遅れにならないよう白ニキビや黒ニキビの段階で適切な処置をとっておくことが重要になってきます。

「黄ニキビ」は、赤ニキビがさらに悪化し、膿を持った状態のニキビで、ここまで進むと自分の手で完全に治癒させるのは困難です。

化膿ニキビや膿疱性ざ瘡とも呼ばれ、毛穴に膿が溜まって盛り上がった状態になり、痛みを感じる実に厄介なニキビ!

治ったとしても、クレーター状やケロイド状にデコボコしたニキビ痕が残ってしまうことが多く、こまめに洗顔して清潔に保ったり、早い段階で皮膚科を受診した方が良いでしょう。

合わせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

光ファイバーサービス比較