Blog

男性

思春期ニキビは、性ホルモンのバランスが変化しやすい10代、特に男性にできやすいニキビです。

皮脂分泌が盛んな額から鼻にかけてのTゾーンにできやすいのが特徴でもあります。

皮脂腺を刺激する男性ホルモンの働きが活発になると皮脂が過剰に分泌され、毛穴に皮脂が溜まっていくのが原因です。

特にオイリー肌の人にはニキビができやすく、皮脂分泌が活発な春から夏にかけてできやすくなるとされています。

ホルモンバランスが変化しやすい思春期は、女性であっても男性ホルモンが多く分泌されるので、男女ともにこの時期はニキビに悩む人が多いようです。

「ニキビができやすいお年頃」と言われても、年頃だからこそ何とかしたいと思いますよね。

毛穴にいるニキビ菌が繁殖すると、ニキビが化膿してしまうこともあるので、皮脂が分泌されやすいスポーツの後などはこまめに洗顔をして肌を清潔にしておくことが大切です。

また、オイリーな食べ物や糖分の摂取が多かったり、不規則な生活や睡眠不足が続いたりするのも、ニキビの大敵となりえます。

ただし、皮脂が分泌されるピークは思春期の頃だとされているので、思春期を過ぎてホルモンバランスの変化が安定してくると、ニキビは自然と減少してきます。

そのため、思春期ニキビは一過性のものと言えますが、中には大人ニキビに変わることもあるようです。

一度は落ち着いたニキビが20代に入って再び大人ニキビとしてできてしまうこともあります。

合わせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

光ファイバーサービス比較