Blog

砂浜

しつこいニキビ跡って、いくらメイクで隠そうとしても限界がありますよね。

ニキビが悪化して化膿を伴うような炎症を起こすと皮膚組織が壊されます。

ニキビ跡は、破壊された皮膚組織がクレーターやケロイドのように跡が残るものです。

思春期を過ぎた大人ニキビの場合、新陳代謝が衰えてくるので自然には消えにくくなります。

女性ならある程度はメイクなどで目立たなくすることができますが、やはり「隠してる感」がありますよね。

男性の場合はメイクで誤魔化す派は極少数でしょうし、例えメイクをしても跡が深ければ女性であっても隠すのが困難になってきます。

ニキビ跡にはクレーターのように皮膚が凹んだようなもの、赤みや色素沈着で色が残ってしまったもの、肌全体の毛穴が開いたものなど様々な種類があります。

赤みが残るものは痛みのない軽症のニキビ跡と考えられ、ビタミンC誘導体が配合された美容液などで消すことも可能のようです。

ただし、クレーターのような状態になってしまったニキビ跡は、長い期間をかけても自然に治癒することはなく、特に男性は肌が硬く、女性よりもクレーターになりやすいようです。

ニキビ跡と言っても症状には体質からも個人差があり、また、悪化すればするほどニキビ跡も深刻な状態になりやすいので、ニキビができたら初期の段階で、正しいケアや治療をすることが大切です。

ニキビができた時点でそれ以上悪化させないようにすることで、クレーターのような深刻な状態になることは避けられるでしょう。

重症な場合は、自分自身で修復するのは困難なので、皮膚科や美容外科、美容クリニックなどで専門医に相談したり、適切な治療を受けることをおすすめします。

合わせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

光ファイバーサービス比較