Blog

コーヒーを飲む女性

日本には四季があるのですが、この中でも冬のニキビは治りにくいので、私の悩みです。

冬は、気温が下がることによって、血行が悪くなり、代謝も落ちてきます。そして、肌が本来するべき「肌の汚れを出して、水分を取り込む」という働きが鈍る時期でもあるのです。
また、外気の温度も低いですし、暖房の影響もあり、何かと肌の水分が失われていきます。水分と油分の上手なバランスを取ることができなくなり、肌の乾燥を招いてしまうと、老廃物がさらに出ていかなくなり、ニキビの原因となってしまうのです。
たまに乾燥しすぎてしまい、肌がカチカチになってしまう時もあるのです。こんな時にもニキビができてしまいます。


化粧水水分をしっかりと補給し、クリームや乳液でふたをするのですが、こんな時はなかなか肌に浸透しないものなのです。
この乳液などが毛穴に残っていると、これもまたニキビの原因となるんです。
なので、浸透しないなと感じた時には、上から蒸しタオルを当てて、肌を温めるように心がけています。表面の角質を柔らかくすると、栄養分の浸透が高まるんですよ。
肌がもちもちしてきたら、最後はクリームできちんとふたをするようにしています。

冬は、ニキビの原因だらけですね。

こちらの記事もどうぞ。。。【知らなきゃ損する】背中ニキビの“本当の原因”と改善法

合わせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

光ファイバーサービス比較